こんにちは、板橋区のピアノ教室、しゅシュシュピアノルーム講師の神原笑見です。

 

梅も咲き誇り、もう3月ですね。

今年度はコロナ禍で、予想外のことがたくさん起こりましたが、その中でもコンサートが出来たり、新しい試みに挑戦したり、実りも多い1年でありました。

 

さて、昨年のミニミニコンサートで、幼児さんの部では、各自楽器をお持ちいただき、みんなで合奏をしました。

その中で本物のウクレレを披露してくれた、板橋2丁目にお住いのNちゃん。

初めてのステージで、相当緊張したそうですが、これも経験!

出てくれただけで、頑張りましたよよ(*^^*)

私はこの時、背を向けて伴奏をしていたので、じっくりウクレレを見聴きすることが出来ませんでした。

その話をしたら、後日レッスンに持ってきてくれましたのです♪

この日はピアノに合わせて、ウクレレを弾いて、レッスンにしました。

生の音っていいですね。私が癒されました(^^)

 

Nちゃんは夏からレッスンに通ってくださってます。

お母さまもピアノ経験者ということもあり、早くピアノを弾けるようになってほしいとご希望でした。

まず当ピアノ教室では、ピアノを弾く前に、準備をしっかりしますというお話をして、リズムや指の体操や、鍵盤で音遊びを中心にレッスンを始めました。

ピアノをお持ちではなかったので、良い中古ピアノとのお出会いを待ちながら、そろそろというタイミングで、ご縁が巡ってきたのです!

 

最近ではリズム感もつき、鍵盤も覚え、指の使い方も少しずつ習得してます。

ピアノも無事に搬入され、これからが本当に楽しみです!

 

このように、ピアノがなくても、出来ること、やるべきことはたくさんあります。

特に幼児期は、耳からの刺激、指先の感覚を意識することがとても大切です。

ウクレレの音を聴き、打楽器に触れる機会っていいなと、どうにか取り入れられないか模索中です(笑)

 

今日は板橋2丁目からお通いの、Nちゃんのレッスンの様子をご紹介いたしました。

 

シュシュピアノルーム(板橋区)では、現在定期レッスンは満席につき、新規募集を停止させていただきます。

詳しくはこちらをご覧くださいませ。